カトリック調布教会は、1967年にサレジオ会によって設立された、
   カトリック東京大司教区に属している教会です

       ~*~*~*~*~*~*~

2017年四旬節 教皇メッセージ
「みことばはたまもの、他の人々はたまもの」

今年の四旬節は昨年より少し遅く、3月1日から始ります。
四旬節に当たって教皇フランシスコさまはメッセージの中で神様のみことばに耳を傾けながら、他人に対して自分の心を開くように、そして様々な文化と考え方を超えて、互いに対話するように強調しています。
「みことばというたまものに心を閉ざせば、兄弟姉妹というたまものにも心を閉ざしてしまいます」と教皇様は警戒されています。
復活祭に向かって四旬節の間わたしたちの心を新たにして、縦(神とわたし)と横(わたしと他人)のつながり(+)を作るようにいたしましょう。
                   主任司祭 ソーリヒ・ピオトル


2017年四旬節 教皇メッセージ「みことばはたまもの、他の人々はたまもの」は、こちら より詳細をご覧になれます。

 Korea.net / 海外文化広報院(著作権者名)

 

~*~*~*~*~*~*~

       
*調布教会の信徒の皆さま*

 今年の10月には、調布教会50周年を迎えます。おめでとうございます。
 記念誌発行の準備も必要ですが、信徒一人ひとりの霊的な準備も大切です。
 心をひとつにしてお祈りしましょう。