お知らせ

【バザー部会よりお知らせ】

今年のバザーのテーマは「心を繋ぐ、希望の祈り」に決まりました。

東日本大震災から6年経ちました。

調布教会として、長らく支援を行ってきた震災支援ですが、大槌のベースキャンプ撤収により、

主だった活動も今年が最後となりそうです。

震災の傷跡は癒えたわけではありませんので今後もお祈りを通じ、

現地を応援するという意味を込め今年のテーマを「心を繋ぐ、希望の祈り」といたしました。

そのような想いを持って今年のバザーを皆様と一緒に進めていきたいと思いますので、

ご協力の程何卒よろしくお願いいたします。

また、今年度よりバザーの開始時間が11:30から開始となっておりますのでご承知おきください。

【野川灯籠流し】

物故者追悼と共に、環境保全と世界平和への意識高揚を目的に行われる

調布の夏の風物詩「野川灯籠流し」が今年も開催されます。

これは、調布市仏教会、調布市神職会、立正佼成会とカトリック調布教会が、

宗教の垣根を越えて共に祈る行事で、今年はその第17回目となります。 

聖歌隊も参加して行われる灯籠流しは8月17日(金)午後6時30分~(荒天の場合は中止)行われ、

個人のお名前を記載して頂ける灯籠は一基千円、純益が東日本大震災の復興支援活動に寄付されます。

なお、当日、ご自分で灯籠を流したい方は、黄色い申込用紙に必要事項をご記入のうえ、現地にて当日申し込んでください。

教会で受け付けする灯籠は、ご自分で流さず係の方に流していただく分のみです。

締め切りは8月12日(日)です。

【東京大司教区2018年平和旬間 祈りのリレーへのお誘い】

今年も、8月6日(月)~8月15日(水)にかけて平和旬間行事が行われます。

平和旬間にあわせ、様々な場所でミサや講演会が行われます。

詳細についてのパンフレットと「平和のための祈り2018」は、

聖堂前室に置きますので、ご自由にお取りください。

また、その一環として行われる「祈りのリレー」に今年も調布教会として8月11日(土)に参加したいと思います。

午前5時から午後12時までの間の一単位を30分として、一回でも何回でも、

ご自宅でも教会聖堂でも何処でも、お祈りが可能な時間帯を、

聖堂前室に掲示してある表にお名前を書き入れてご参加下さい。

【 YOUCATで学ぶ カテキズム講座 】

YOUCATという、堅信を受ける人向けのテキストを使い、

ソーリヒ神父さまの指導によるカテキズム講座です。どなたでも参加できます。

日時:6月30日(土)11:00~12:00  (№10 聖体 神の寛大さから)

(お手伝いできる方は、ぜひ10時からの“教会のお掃除”にもご参加ください)

場所:カトリック調布教会 信徒会館 チマッティ・ホール

指導:主任司祭 ソーリヒ・ピオトル神父

会費:無料

持ち物:

テキスト:YOUCAT「堅信の秘跡」 900円+税 オレンジ色の本

(教会売店で取り扱っています)

【霊性センター「せせらぎ」による一日黙想のお知らせ】

「静けさの中で神とひびく」~個人同伴による祈り~

神様と静かに過ごすときを持ちましょう。

祈りの手ほどきもいたしますので、初心者の方も安心してご参加ください。

  日時 : 2018年6月11日(月) 午前9時15分~午後4時30分

  場所 : カトリック調布教会

  祈りの同伴者 : (せせらぎの)神父様とせせらぎ・祈りの同伴者

  持ち物 : 新・旧約聖書、筆記用具、昼食

  費用 : ご参加の皆様には献金のご協力をお願いしております。

  申込み : 信徒会館エントランスに申込書があります。

        必要事項を記入の上、直接、せせらぎ宛に郵送かFAXにて申し込み下さい。